SSLの中でも高価で高レベルなEV証明書について

EV証明書というのをご存知でしょうか?高価で高レベルSSLtoなっております。 - 緑のアドレスバーがポイント!SSLでもセキュリティレベルが高いEV証明書とは

緑のアドレスバーがポイント!SSLでもセキュリティレベルが高いEV証明書とは

uykud
サーバ証明書には段階的にレベルが3つあります。SSLの中でも「EV(Extended Validation)証明書」と呼ばれるものは、高レベルのセキュリティになっていて、第三者の機関からしっかりと審査が通ったものが導入することができます。今回は、そんなEV証明書についてご紹介します。

高価で高レベルな証明書

EV証明の特徴として、法人でしか取得はできませんが、企業認証よりもセキュリティレベルが高いサーバ証明書になります。審査の方法は、会社があるかどうかの電話確認はもちろん、直接会社に行って審査を行います。
そのため、費用はとても高価で、企業認証とは比較できないほどになっています。「サイト内に企業が存在しているかどうか」は、EVSSL証明書を取得するだけでも信頼を得ることができるので、利便性は高いと言えます。

取得するとどうなる?

企業認証(OV)やドメイン認証(DV)などは、錠のマークが存在したり、SSLを導入しているものと分かりますが、最終的に中身を確認しないとフィッシングサイトである可能性は消えないものです。
特に、ドメイン認証になれば、第三者からもURLが真似されやすいので、信頼性の面から言えば低いものです。一方で、EVSSLであれば、アドレスバーに錠のマークの他に緑の背景色が付くので、簡単にSSLの審査を通ったサイトかどうか一目で分かります。
サイトの信頼性を得る視覚的な効果として十分に発揮するので、資金に余裕があれば取得するのが最適です。

将来的にはEVSSLに変える予定を

このEV証明書は、昨今のユーザーがSSLを懐疑的にする問題でも、信号機のような役割を果たしてくれます。つまり、緑のアドレスバーになっているものは「安全」と捉えることもでき、このようなセキュリティは安易に真似できないものです。
現代階では無理…と思っている企業でも将来的にはEVにする予定を立てて、標準的な企業認証から継続していくのが無理のない運営が可能となります。
SSLのメリットはユーザーによって個人情報を漏らさない重要な役割があります。大手の企業でも「常時SSL化」の推奨もあるくらいで、将来的にはSSLの有無で大事なデータのやり取りが決まると言っても過言ではないでしょう。
しかし、メリットばかりが浮き彫りになりますが、その反面SSLを取り入れることで不便はないのか気になるところですよね。そこで、今回はSSLを導入にするにあたってのデメリットを挙げていきたいと思います。

サーバやページに負担がかかる

SSL自体がセキュリティを取り付けるものなので、サーバやページに負担がかかります。しかし、これは従来の回線を持っていたときに問題として挙げられたもので、現在の一般的な回線スピードならほぼ快適に使える状態です。
ちなみに、これは一般的な回線スピードであるので、スマホやPCの通信が遅くなったり、二つ折りの携帯(ガラケー)を使っている場合には、例外となります。LTE回線になるスマホや高速通信の普及により、回線速度とSSLの関係性を考える必要はなくなっていますが、上述したケースでSSL対応したページにアクセスすると重くなることが多いです。

コストがかかる?

ホームページとは別に料金がかかることが、ユーザーの信頼性を上げることだとしも、会社や個人で運営する側には悩むべき種と映ることもあります。全部の負担がかかるようであれば、一部分だけをSSLにするなどの工夫を検討する必要があるでしょう。
また、料金を全てセキュリティに掛けたから万全とも言えないのが、昨今のネット事情です。ユーザー側がホームページのURLを使い、フィッシングサイトを運用すれば、いくら厳重にしても、知らないところで被害になること考えられます。

デメリットを考える必要はない?

SSLのデメリットは信頼やユーザーの安全性を考慮すれば、不便さを感じる部分は少ないです。回線速度は致しかたない部分もあれば、コストもSSLに限らずにホームページを作成するならかかります。
なので、そこまで重要視して頭を抱える問題ではありませんが、こういったデメリットを考慮しながらSSLの導入を取り入れることが、運営する側にとって非常に大切なことなのです。
SSLサーバー証明はアルファSSL

Copyright(C)2015 SSLの中でも高価で高レベルなEV証明書について All Rights Reserved.