SSLの中でも高価で高レベルなEV証明書について

EV証明書というのをご存知でしょうか?高価で高レベルSSLtoなっております。 - 公開鍵暗号化方式とは

公開鍵暗号化方式とは

SSLの導入にあたって注意をするべきことは、様々にあります。
証明書の種別や、認証局の違いによってのコストやサービスの違いなどなど。
こういったことを事前にリサーチすることは当然として、その他にも注意すべきことがあるんです。
例えばバーチャルホストで運用しているサーバを利用している場合の制約についてや、コンテンツそのものを制作する場合の注意点です。
ここでは、SSLの基本である公開鍵暗号化について紹介していきましょう。

公開鍵暗号化方式とは

SSLのみならず、二者の間で行われる通信の暗号化をする場合、スタンダードになっている方法としては、公開鍵暗号と共通鍵暗号と呼ばれるものです。
何も物理的な鍵などが存在しているわけではなく、暗号化するのに必要なものの総称として鍵という言葉がチョイスされているのです。
公開鍵暗号を利用する場合には、暗号化をする場合に使われる公開鍵と、それを複合化するための秘密鍵の2つの鍵を用いることになります。
一般的には受信側が、公開鍵と秘密鍵の両方を持っており、公開鍵は誰もが簡単に取得できるもの。
秘密鍵は受信側のみが持っている鍵となります。

公開鍵暗号化方式の流れ

公開鍵暗号化方式の場合、送信側がまず受信側が公開している鍵を入手します。
そして取得をした公開鍵を使い、これから送信しようとしているデータを暗号化して、データを送信するといったアクションになります。
それから受信側は送られてきた暗号化をされているデータを自分だけが持っている秘密鍵を使い、複合化をして正規のデータを取得するといった流れになります。
秘密鍵が第三者が持っているということはありませんから、安全というわけです。
これがSSLで使われている暗号化のスタンダードな方法なのです。

関連する記事

Copyright(C)2015 SSLの中でも高価で高レベルなEV証明書について All Rights Reserved.